インビザライン、やってみるか!-30代女は変身の夢を見るか?-

北海道在住、会社員33歳女。インビザライン矯正に挑戦!

《197日目》鬼門・奥歯の奥《20/30枚》

こんにちは、ナオです^^

 

毎年初秋の風物詩。

今年発売の新しいiPhoneの話題が

ネットに上がることが多くなりましたね。

 

イヤホンジャックがなくなることがネックで

iPhone6S→Xへの機種変更はしばらくためらっていたのですが、

あれから半年以上。

 

実際にはイヤホンジャックがなくとも

Bluetooth接続のイヤホンで全然事足りますし、

むしろ無線イヤホンがこんなに快適なものとは思いませんでした。

移動中聴くくらいなら音質も全く問題なし。

 

あと、Suicaが使えるのは本当に便利ですね。

バスも電車も。

 

あとはFace IDだけが...。

マスクしてると使えないので、そこはちょっと不便です。

(あと寝起きに横になっている状態ではロック解除できない)

後々、有機ELディスプレイそのものに

指紋認証機能が付けられるようになるみたいなので、

その技術に大いに期待します。

 

努力は成果を出すが

さて。

18,19枚目はアライナー装着中に

一切お茶を飲まないようにしたため、

アライナーへの着色がほとんど見られなかった

ということを書きました。

www.toooooooth.xyz

 

写真にはなかなか写らないのですが、

確実に成果が出て、嬉しい限り^^

 

しかし、それでも一ヶ所だけ気になる部分があったんですよね。

それが、下の奥歯の奥。

 

f:id:nanana38go:20180910211850j:plain

ここです。

 

他の部分はほとんど着色しなかったのに、

ここだけは結構色がついちゃうんですよね。

上はつかないんです。

下だけ。毎回。

 

それも、かなり黄色くなったりして。

 

考えられる原因

思い当たる節としては、

親知らずを抜いた、ということくらいでしょうか。

 

上はゴロンと一瞬で抜けましたが、

www.toooooooth.xyz

 

www.toooooooth.xyz

 

下は大工事になりました。

www.toooooooth.xyz 

www.toooooooth.xyz

 

下を抜いてから9ヶ月。

もう完全に傷はふさがり、歯肉も復活していると思いますが、

どういう構造になってるかは見えません。

 

そして、ここは食べ物が引っかかることが多いんですよね。 

 

ぜーんぶフロスや歯磨きが終わってから、

仕上げにコンクールでブクブクと口をゆすぐと、

まだ何か出てきたり!

 

ナオ「ここに食べ物が挟まり、歯磨きしても取れなくて、

   そのままアライナーつけてたとしたら、

   そりゃ着色もしそうだな」

 

虫歯も心配です。

 

タフトブラシ

こういう時に活躍するのがタフトブラシ

f:id:nanana38go:20180910213543j:plain

 

確か、親知らず抜歯を機に、amazonで買ったはず。

www.toooooooth.xyz

 

ただ、フロスは毎日使っているのに、

どうもこのタフトブラシはサボりがちになってしまうんですよね。

 

ナオ「なんでだろう。

   圧倒的にフロスの方が時間かかるのに」

 

どうもタフトブラシは面倒くさいと思ってしまいます。

 

ナオ「なんとなく、磨きにくいんだよなあ」

 

未だにコツがつかめません。

 

そこで検索してみました。

「タフトブラシ 使い方」

 

すると出てきた、さすがのライオンさん。

www.lion-dent-health.or.jp

 

ナオ「タフトブラシを使うとこんなにプラークが取れるのか!」

 

「使用部位」としても「奥歯の奥」が挙げられています。

「軽い力で小刻みに」がポイントらしい。

 

しっかり磨けば、この「奥歯の奥」に着色することもないはず。

しかもあれだけ苦労して親知らずを抜いただけあり、

今までよりは磨きやすくなっているはずですから。 

 

今日のまとめ

奥の奥までぬかりなく

 

なーんか、タフトブラシは苦手意識があるんだよなあ。

 

今日の心の一曲

We're All Alone

We're All Alone

  • ボズ・スキャッグズ
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

ブログランキングに参加しています^^
バナーのクリックで応援していただけるとうれしいです!
↓^^↓

歯列矯正ランキング
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村