インビザライン、やってみるか!-30代女は変身の夢を見るか?-

北海道在住、会社員33歳女。インビザライン矯正に挑戦!

インビザラインやってみるか

親知らず上2本抜いた翌日-抜けた歯を見て気付いた事-

こんばんは、ナオです。

今日も覗いていただいてありがとうございます^^

 

最近、毎日塩麹を料理に取り入れています。

...ブームに乗り遅れていることは重々承知です。

なにせインフルエンザが全国的に猛威を振るっている昨今、

少しでも体の免疫力を上げておきたいのです。

 

そのおかげかどうなのか、

いま上司がひどい風邪を引いていますが、

私はピンピンしています。

...今のところは。

 

さて、前回

www.toooooooth.xyz

 上2本の親知らずをまとめて抜いたことを書きました。

 

抜歯翌日

目が覚めた私は気付きます。

 

「痛くない」

 

そして

 

「痛みで目が覚めることもなかった」

 

実にぐっすりと眠れました。

あの怖い情報は何だったのでしょうか。

朝ごはんは、念のため柔らかく炊いたご飯で。

食べても、痛くありません。

 

ナオ「なんだ、楽勝じゃないか」

 

そして抜いた歯を今一度手のひらに乗せて眺めます。

なんとなく、誇らしい気分です。

 

ナオ「我ながら立派な歯だ。ん?」

 

2本のうち1本に、ボコボコと小さな、

嫌な感じの穴が開いています。

素人目に見ても、虫歯だということがわかります。

 

ナオ「...思い出した!」

 

あれは1ヶ月前のこと

f:id:nanana38go:20180302213206j:plain

ある日、右上の「奥歯の奥」が痛み出しました。

数日耐えましたがどんどん痛みは酷くなり、

ついに喉まで赤く腫れています。

口も開きにくくなりました。

 

「もうだめだ」と思ったのが日曜だったので

日曜診療の歯科を探し、2,3軒に電話して

ようやく予約なしでも受け入れてくれるところを見つけました。

駅から近く、移転で新しくなった歯科のようです。

(インビザラインの相談に行った歯科とは違うところです)

 

キレイな建物で、診察台に横たわります。

症状を話すと、歯科衛生士さんが口の中を見てくれました。

 

衛生士「あー、右上の親知らずが出かかって、

              腫れてますねえ。

              あと、左は完全に出てるけど

              虫歯になってるみたい」

ナオ「えっ!」

衛生士「詳しくは先生に診てもらいましょうね」

 

そして衛生士さんと入れ替わりに、

こんにちは、の挨拶もなく、先生が。

やおら口の中を覗き込み、

 

先生「親知らずが出かかっているので、

           被っている歯茎との間に汚れがたまって、

           化膿していますね。

            レーザーで消毒しますね。」

 

レーザーで消毒」!

初めて聞いたのでビックリです。

すぐさま黄色いゴーグルのようなものが目元に被せられます。

「当ててるんだろうなあ」という感覚はありますが

痛くはありません

 

いずれ抜かなきゃだめかなあ

なんてことを考えながら、5分くらいレーザーを浴びました。

 

先生「では薬を詰めます。」

 

説明通り薬を詰めて終了。

 

先生「30分は飲んだり食べたりしないでください。

また1週間後に来てください。」

 

先生、席を立つ。

 

ナオ「(えっ、虫歯になっているという左は⁉︎

            それに、抜かなくていいの⁉︎

             汚れがたまるなら、

             普段どうやって磨けばいいの⁉︎)」

 

そのままお会計して終了。

 

1週間後

再び通院

レーザーで消毒

薬詰める

前歯の歯石とる

終了

 

先生「はい、お疲れさまでした。

           これで様子をみてください。」

 

やっぱり左にはノータッチ

 

ナオ「(ややや、虫歯ならちゃんと治したいし、

            むしろ必要であれば抜いちゃいたいし)」

 

心の叫びは届かず、お会計へ。

説明などが全くない歯医者さんでした。

 

 

再び12月、抜いた歯を手に乗せた私

そうか、本当に虫歯になってたんだ!

上の親知らずって自分では絶対見えないから、

わかりませんものね。

 

しかし...

こんな、素人目に見ても明らかな虫歯を、

「抜きますか、治療しますか、どうしますか」

という相談もなく、

放っておくなんてちょっとひどい...ですよね。

 

抜いたからいいけれど、

抜かないでいたらどんどん進行して、

手前の歯まで蝕まれていったことでしょう。

 

今回矯正の相談に行った遠くの歯医者さんで、

あれよあれよという間に親知らずを抜いてもらいましたが、

今考えればこれでよかったのかもしれません。

仮にあの説明のない歯科で抜くことになっていたら、

不安ばかりが募っていた気がします。

 

物事は全て、その時のベストな方向に進む

 

穴だらけの親知らずを握りしめ、

そう考えました。

 

(よく見ると、右も虫歯でした。おいおい。)

 

さ、気を取り直して、

別の歯科で上2本の親知らずを抜いたあとの経過です。

 

親知らずを抜くとこうなる 

翌日は何の違和感もありませんでした。

痛みも違和感もなさ過ぎて、

いつ痛みが襲ってくるんだろう

と不安は消えませんでした。

 

異変があったのは2日後の夜

この日は仕事の関係で、ちょっといいホテルでの宴会でした。

痛み止めはまだ飲んでいたので

お酒は極力控えます。

(ほんとは良くないんでしょうけど...)

 

大好きなクラゲ(←地味な好物)を食べた時のこと。

 

ナオ「ハッ...!前歯が痛い

 

なぜでしょう、抜いた患部よりも、

前歯全体がジワーッと痛みます。

ピンポイント、というより、全体が痛い。

患部は全く痛くありません

 

せっかくのおいしい料理がずらりと並んでいるのに、

そんなに硬くないものでも噛むと痛い。

泣く泣く、ビールだけ飲み続けました。(おい)

 

次の日、また次の日と、このジワーッとした痛みは徐々に消え、

結局患部が痛くなることはほとんどありませんでした。

唯一気をつけていたのは、

カサブタ(血餅というそうです)を流さないよう、

  • うがいを優しくすること、
  • ストローなどで強く吸い込まないこと、

くらいです。

 

幸い、恐怖の「ドライソケット」になることもありませんでした。

(かなり恐ろしい話が出てきます。

ご存知ない方、検索してみてください。)

 

ただ、穴に食べ物が詰まる、ということはよくありました。

上、しかも奥の奥なので鏡では患部が全く見えないのですが、

どうもぽっかりと大きめの穴が開いているようです。

 

玄米は朝しか食べないのですが、

夜口をゆすいだら突然玄米が出てきたり!

(汚いな)

ちゃんと朝・昼と歯磨きをしているにも関わらず、です(^皿^)

余程深い穴なんだろうなあ、と想像が膨らみました^^

 

この大きな穴も、2週間くらいするとだいぶ小さくなったようで、

朝食べた玄米が夜顔を出すこともなくなりました。

 

こんな感じで、上2本の親知らず

比較的平和に抜くことができました。

上手に抜いてくれた先生に心から感謝!

次はいよいよ下2本!

来るべきその日まで、私がどんな準備を整えたかは、

また次回^^

 

今日のまとめ

大きな治療は、信頼できるお医者さんで!

 
ブログランキングに参加しています^^
下のバナーのクリックで応援していただけるとうれしいです!
↓^^↓

歯列矯正ランキング
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村